AT Workbook2022(通称白本)は

記入式のワークブックです。

昨年度受験生の
4人に1人が使っていました。


AT試験の構造

過去問類似問題新作問題約半分ずつ出題
特に過去問は新作問題に比べて対策しやすいので必ず完璧に仕上げるべきです。

基本的なAT試験の勉強方法

①過去問を日本スポーツ協会のHPからダウンロード
②教科書を参考に模範解答を自分で作成
③過去問演習を全年度分行って覚える
過去問を覚え終わったら

④新作問題対策をとして教科書を読み込む

過去問対策で苦労すること

教科書以外からも出題されるので模範答作成が大変
問題が重複しているので覚えるのにかなりの時間がかかってしまう


AT Workbookの特徴

全過去問が、科目・単元ごとに整理

平成24〜令和3年の過去問出題単語が
ほぼ全て科目・単元ごとに収録されているので、
過去問にどんな問題が重要のか一目でわかります。

穴埋め式、記述式

書くことで効率良く勉強できるので、
定着率がアップします。

過去問対策の仕上げに最適

記述するというアウトプットをすると自分の苦手な単元や記憶が曖昧な箇所を見つけることができます。その結果、
過去問対策の漏れを見つけることができ、仕上げに役立ちます。

AT Handbook 2022に対応

AT Handbook2022に対応しています。
併用することで、覚えられない単元や苦手な単元を
効率良く復習することができます。


教科書、参考書として当団体書籍を採用している学校は10校ほどあります。


本体価格:各3850円(税込)

サイズ:A4

ページ数:基礎編158ページ 応用編136ページ

お届け

1~2営業日(土日除く)