【概要】

教育機関でAT試験に合格するための知識・技術を学びますが、臨床やスポーツ現場に出た際にその知識・技術を活かすには知識を統合させる必要があります。
受験のための勉強では、知識は統合されず公式的な答えの導き方しかできなくなります。
しかし現場では多種多様な症状を有している方を多く見ることになり、学んだ知識を臨床に活かすことに悩むことは多いのではないでしょうか。このプロジェクトでは

実際に教育機関で学んだ知識を統合させ、そして技術として提供するための方法をお伝えしていきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: picture_pc_a791a0c76296b19af642cfea59fa21b6.jpg

【内容】

❶上肢・下肢評価・ケア・運動療法
各関節の評価方法、解剖に基づいた触診、動作分析、運動療法をお伝えします。
代表的な疾患を例に、臨床現場で多く遭遇する現象をお伝えし、実践できる方法を配信していきます。

❷アスレティックリハビリテーション
スポーツ復帰するには競技に結びつくトレーニングを提供する必要があります。
不十分な強度、内容のトレーニングでは100%の復帰を果たすことはできません。
トレーニングの種類を多く学ぶことで現場で十分に還元できる内容をお伝えしていきます。

❸応急処理・テーピング
現場で最低限できていて欲しい応急処置・テーピングをお伝えします。
現場で選手を救うのはトレーナーです。
現場に出る前に練習した方が良いと思われる内容を配信していきます。

❹不定期配信
栄養やセミナー内容を配信します。

【配信日】

月曜日|下肢(評価・ケア・運動療法)

水曜日|上肢(評価・ケア・運動療法)

金曜日|アスレティックリハビリテーション・トレーニング

日曜日|応急処置・テーピング を動画にて現場で使える知識と技術を提供します。